山の麓dairy

4年間の中国サバイバル生活にピリオドを打ち、山の麓の我が家へ。海外生活で伸びきった緊張感を取り戻す毎日をつらつらと~

腹腔鏡手術で入院 3日目 回復を実感するけど

お腹の中にある《チョコっとしたもの》の処置で

腹腔鏡手術とそれに伴い入院した時の話

 

 

inakanokurashi.hatenadiary.com

 

入院3日目、手術後1日経ちました

朝から五分粥くらい食べられると勘違いしていた私、

朝食が配ぜんされず、余計に胃が気持ち悪くなる

 

そうなんです、絶食が続きすぎているせいか、痛み止めのせいなのか、

前日の夜から胃の気持ち悪さが続いていまして

夜中に体勢を変える度に内臓が動く感覚(たぶん腸)にも違和感を感じるし

後から考えると、たぶん3日目の朝が一番絶不調だったかも

 

看護師さんが朝の検温に来てくれて、飲み物はついに許可

ベッドの頭をあげてもらい薬をのんで、歯を磨いて、少しずつ回復への歩みを進める

尿管がついていることから、まだウロウロ歩けないけど

体を起こすだけでも気分がだいぶ変わります

腹腔鏡手術で使われるガスの影響で肩に痛みが出ることがあると聞いていましたが、

私の場合は「これが肩の痛みかな?」くらいのわずかなもので痛み止めを飲めば気にならない程度でした

この日から痛み止めは錠剤に変更、6時間以上空けてから継続服用可です

 

 

午前11時ごろ、

看護師さんが来てくれて、ついに立床(ベッドから離れる)練習開始

まずは立ち上がれるか確認、腹筋が使えないので腕と足の動きで起き上がる

起き上がってしまえば姿勢を維持するのは結構簡単です

一度トイレまで歩き、問題なければフロアを半周

ベッドまで戻ってきたら尿管は《するり(ぬるり)》と外してもらう

 

尿管、、入れる時は麻酔をしていて感覚は無かったけど、

外してもらう時は意識がある、

かなりビビっていましたが、あっさり抜けて杞憂となりました

尿管を外した後は尿意が曖昧らしく、2~3時間おきに自発的にトイレに行く

私の場合、けっこうすぐに尿意が戻った感じかな

 

 

そして昼食からは絶食解禁、まずは五分粥からスタートです

まる2日絶食だったけど、食欲はほぼなし

五分粥と湯豆腐(薬味なし)を2割くらい食べて終了、、、

 

最初だし、そんなもんでしょ

 

午後は寝たり、歩いたり、水分補給したり

夕方の晩御飯はチキングリルと白ごはん、

ちゃんと食べるのはまだ辛い、3割くらい食べて終了

旦那さんが持ってきてくれた大福すら魅力を感じなかった

 

3日目の段階で、

確かに少しずつ良くなっているものの、二日後に退院できるとは思えない感じ

すぐに息が上がるし、昼も疲れて寝てしまうし、

夜も不安の中、すっと眠りに入りました

今思うと、すっと眠れるということはまだ体がしんどかったんでしょうね

あやこ

 

 

 

おまけ

同じ日に手術した方(たぶん同年代)が、

3日目の段階でしっかりした足取りで歩いているのを見て

 軽い敗北感を感じる

自分的には自信があったのに、、、