山の麓dairy

4年間の中国サバイバル生活にピリオドを打ち、山の麓の我が家へ。海外生活で伸びきった緊張感を取り戻す毎日をつらつらと~

腹腔鏡手術で入院 2日目なるようにしかならない

お腹の中の《チョコっとしたもの》を処置するために

腹腔鏡手術とそれに伴う入院をした話

 

 

inakanokurashi.hatenadiary.com

 

入院2日目は本番、手術です

朝から病院から渡されたガウンへ着替え、

歯磨きと最後のトイレへ

今回尿管を入れるため、少し尿が体に残っていた方いいらしく、

手術1時間半前に最後のトイレです

 

看護婦さんと一緒に手術30分前に手術室へ移動、

ベッドに横になり、麻酔科の看護師さんと最後の確認

「名前と今回手術する部位は?」

 

麻酔科の先生が楽しくお話してくれながら、手の甲へ点滴針を刺す

 

ついに手術開始です

深呼吸している間に全身麻酔が効いて、気付けば病室の自分のベッド

同室の方が昼食を摂られてる音が聞こえたので、手術は3時間ほどかな

 

一般的に同じ症状の手術にかかる時間は1~2時間らしく、手術室の予約は1時間だと聞いていた私、

先生曰く「予想外の大きさ」で処置に時間がかかったらしい

この話はまた別でまとめようかな

 

 

そして手術後の痛みは、、、どうなんでしょう

傷口の痛みというより、生理痛の痛みのようなお腹の中の痛みを感じるだけで

朦朧とした意識の中で寒気を感じたことは覚えています

 

 

電気毛布をかけてもらって寝ること2時間、

ずっと上向きだったのを横向き(実際は片側背中にクッションを入れて斜め向き)に変えてまた寝る

 

寒気を感じていたのに急に暑くなる

おそらく発熱かな、意識朦朧のなかで握らせてもらったナースコールを押し電気毛布(2枚)を外してもらう

 

術後すぐに強い痛みどめを点滴されたので、キズの痛みはほぼなし

人によって吐き気を催すことがあるらしく、私も少し感じたので念のため吐き気止めも投与してもらう

手術後の痛みよりは寝続けることの腰痛が私的に一番つらかったかな

夕方までは看護師さんに手伝ってもらいながら姿勢をちょこちょこ変えて、

夕方からは来てくれた旦那さんに腰をマッサージしてもらいながらゴロゴロする

 

2日目も当然絶食、

旦那さんが来てくれて気晴らしと心強さをもらえました

 

夜はまた強い鎮痛剤を投与してもらえるので21時からぐっすり

夜中も自分で大きめにゴロゴロできるまで回復してきます

 

 

手術の日はもう自分の意思では何もできません

看護師さんに頼るか、来てくれる家族に頼るか、

私の場合は両親も来てくれましたが、術後すぐすぎて全く脳が動かず

ひたすら寝るだけ、

 しかも、年老いた両親に心配かけたらダメだとブレーキがかかり、

気丈にふるまうのに体力を使いました

 

看護師さんたちのお世話には本当に頭が下がる思いです

あやこ

 

 

おまけ

看護師さんでも患者さんへの接し方は様々

ツンデレ系、尽くし系、後輩系、孫もどき、

患者さんに合わせて使い分ける看護師さんたちの技に唸るばかり