山の麓dairy

4年間の中国サバイバル生活にピリオドを打ち、山の麓の我が家へ。海外生活で伸びきった緊張感を取り戻す毎日をつらつらと~

大根間引き菜で一品

父の家庭菜園では冬野菜の間引きが行われています

 

昨日は大根、カブ、人参

 

私、子供の頃から大根の葉っぱのシャキシャキしてるのが大好きでして、

大根の葉っぱは必ず付けたまま父からもらいます

(買うときも葉っぱが欲しいからJA直売所とかで買いたい派)

 

一番好きなのは、

1センチくらいに切った葉っぱとちりめんじゃこを炒めたもの(名前はない)

ゴマ油と塩、醤油だけで味付けしたシンプルなのにご飯を何杯も食べれちゃうヤツ

 

今回も父から葉っぱをもらったので

実家の分も一緒に作ることにしました

 
f:id:hatarakuchutsuma:20181106164605j:image

中華鍋からはみ出すくらいの量

私の頭の中では既にヨダレが出てきてます

 

間引き菜だからかな?

葉っぱの水分が多くて煮物みたいになってしまった

f:id:hatarakuchutsuma:20181106204500j:image

結局砂糖と出汁と酒を入れて甘辛く味付け

ちょっと残念な大根間引き菜となりました

次はもう少し量を減らすのと、洗って時間を経ってから炒めよう

あやこ

 

 

おまけ

『ちょっと失敗しちゃってさ』と食卓に出した大根菜

旦那さんとしてはコチラの方が好きらしい

すいませんね、いつも好みが違うものを出して